防犯

安心のトリプルセキュリティ

三重に施されたセキュリティが毎日の生活を守ります。

敷地内に入るものを抑制する「1stガード」では、オートロックや防犯フェンスなどを設置。心理的な障壁を築いて領域性を確保しています。 「2ndガード」として、緊急時に画像が警備会社へ転送される防犯カメラや防犯ガラスなど、不法な侵入を防ぐための設備が配置されています。 そして、「3rdガード」には、ダブルロック、防犯サムターンなどが装備されています。万一、破られた場合も各箇所の防犯センサーが反応し、警備会社へ通報される仕組みが整えられています。

1st.ガード【共用部】

高さ約2m(一部除く)の防犯フェンス・オートロックなど

2nd.ガード【各住戸まで】

オートロック・防犯ガラス・高さ約2mの防犯フェンスなど

3rd.ガード【各住戸】

CP認定ドア・防犯センサー・ディンプルキー・面格子など

より高度な安全をめざしたトリプルセキュリティ

外構部で・共用部・専有部にそれぞれに防犯体制を設定。戸建て住宅では難しい「トリプルセキュリティ」で家族の安心が守られています。

1st.ガード【共用部】 外部からの出入りを限定することで、不審者の侵入を抑制します。

防犯フェンス

防犯フェンス参考イラスト

外部からの侵入を未然に防ぎ、安心を高める高さ約2m(一部約除く)の境界フェンスを設置。

防犯カメラ

参考写真

外構部や共用部など敷地内の要所に防犯カメラを設置し、不審者をチェックします。

2st.ガード【各住戸まで】

オートロック

オートロックシステム概念図

エントランスの来訪者を各住戸から画像と音声で確認できるオートロックシステム。

4画面モニタ-

参考写真

不正侵入抑止のため、防犯カメラの映像をリアルタイムで映し出すモニターをエントランスに設置。

ノンタッチキー

参考写真

エントランス等のオートロックには非接触型キーを採用。荷物を持っている時も片手でラクラク解錠ができます。

TVモニター付インターホン

参考写真

住戸内から音と映像で来訪者を確認。不在時の確認ができる録音録画機能付きです。また住戸内の防犯センサーからの異常警報も発します。

3st.ガード【各住戸】
防犯建物CPマークの認定 玄関ドアには、CP認定を受けたセキュリティ製品を採用。 これは国土交通省と警察庁、建物部品関連の民間団体によって組織される「官民合同会議」で定められた防犯性能試験を行い、想定される侵入手口に対して5分以上防止する性能を有することを示しています。 鎌デッドボルト ストライク部にがっちりと噛み合う鎌デッドボルト。玄関ドアの無理なこじ開けを困難にします。 ダブルロック 2ヶ所の施錠により防犯性を向上。上部シリンダーは防犯センサーのセット錠となります。 PRシリンダーキー 約1000億通りというキーパターンを持つシリンダーキー。ピッキングなどの不正開錠を困難にします。 防犯サムターン スイッチを押しながら回すことで開錠するサムターン。「サムターン回し」を抑止します。 ドアスコープ カバー付きドアスコープにより、外部への光漏れによる在宅確認などを防ぎます。 玄関センサー 「警戒設定」の状態で無理にドアをこじ開けようとした場合、警報を発し、同時に自動通報します。

※上記の内容は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しております。